埋没法に注意 | 美容外科で綺麗になろう!口コミサイトで調べよう

埋没法に注意

術後の調子をうかがう医師と看護師

日本人の多くの人が悩んでいるものに「一重まぶた」と言うものがあります。
この一重まぶたというのはアジア圏の人に多く見られる特徴なのですが、一重まぶたは二重まぶたに比べると目が小さく、更にシャープに見えてしまうということもあり、何もしていないのに怒っているように見える、不機嫌そうに見える……という特徴があります。
その為、非常に多くの人がどうにかしてまぶたを簡単に二重に出来る「埋没法」と呼ばれる手術で二重まぶたを作り出しているのですが、実はこの埋没法は新たなコンプレックスを生み出す可能性がある整形手術なのです。

埋没法は瞼の裏に細いテグスを通して縫い付ける事によって、人工的に二重のラインを作り出す、という整形手術です。
手術にかかる時間は10分程度、専用の針と糸を使用し、更に局所麻酔を使用して手術を行うため、痛みも殆ど無い……という特徴があるので、非常に多くの人がこの手術を行っています。
ですが、この手術というのは腕の良いドクターがいる美容外科で行わなければ瞼の裏に縫い付けたテグスがまぶたの上に浮かび上がり、目を閉じるとボコボコとしたテグスのラインが見えてしまうことがあるのです。
そのような状態になってしまった場合、埋没法がどのような手術で失敗するとどうなるか……というのを知っている人が目を見るとすぐに「この人は埋没法で目を手術したんだな」というのが分かってしまいますし、何よりボコボコとした目のラインは二重を解消することが出来たとしても、多くに人にとっては新たなコンプレックスになりうるものです。

その為、もし埋没法で二重まぶたを作るのであれば、口コミサイトなどで腕の良い美容外科をさがし、人が見てもわからないような手術を行ってくれる場所を探して手術を行ってもらうようにしましょう。